ここでは Twitterの基本的な使い方として、「ホーム」ページと「ツイート」「フォロー」機能の操作方法をページを交えて解説していきます。

ホームページ

まずは Twitter のアプリを起動して、ホームページを開きましょう。
既にアカウント登録、ログインをしていればそのままホームページになりますが、ログインページが表示された場合は、ログイン、またはアカウント登録から始めましょう(アカウント登録方法)

最初のホームページ
アカウント登録直後のホームページには何もありませんが、このあとご紹介するツイートをしたり、他のアカウントをフォローしたりしていくと様々なツイートが流れるようになります。

様々なツイートが流れるようになったホームページ

まずは Twitter のサイトにアクセスします。
ログインページが表示されたら、アカウント登録時に指定したメールアドレスか電話番号とパスワードを入力してログインします。
既にログイン済み、またはログインした後に表示されるのが「ホームページ」です。

ホームページ

「ホームページ」は Twitter の中心となるページで、ここからツイートをしたり、フォローしている他のアカウントのツイートを眺めたりといった、様々な機能を使って Twitter を利用します。

↑目次へ

ツイートする

まずは Twitter の基本の基本、ツイートをしてみましょう。ツイートの方法はとても簡単。
ホームページの右下のツイートボタンをタップするとツイートを書くページになります。
140文字以内で書きたいこと書いて「ツイート」ボタンをクリックすれば送信されます。

ツイートの開始。右下のツイートボタンをタップ

ツイートの内容を入力してツイートボタンをタップ

するとタイムラインに自分の発言が追加されていきます。

ツイートがタイムラインに表示される
ツイートがタイムラインに追加されます。

まずは Twitter の基本の基本、ツイートをしてみましょう。ツイートの方法はとても簡単。
ホームページの一番上の「いまどうしてる?」を選ぶとツイート投稿フォームが表示されるので、140文字以内で書きたいこと書いて「ツイート」ボタンをクリックするだけです。

「いまどうしてる?」をクリック

ツイートを入力後、「ツイート」ボタンをクリックして送信

するとタイムラインに自分の発言が追加されていきます。

タイムラインにツイートが流れる
ツイートがタイムラインに追加されます。

↑目次へ

フォローする

「フォロー」という機能を使うと、他のアカウントの発言を自分のタイムラインに表示させたり、コミュニケーションをとることができるようになります。

フォローは SNS やオンラインゲームによくあるフレンド登録のような機能ですが、以下のような特徴があります。

  • 自分から相手を一方的に登録するだけ
  • 基本的に許可は要らない
  • フォローされた場合に、フォローを返す必要はない。

一般的なフレンド登録の場合は、フレンド依頼すると相手に通知が届き、フレンド登録を許可することで初めてお互いがつながりますが、Twitter ではフォローした瞬間に登録され、相手の許可などは必要ありません。(ただし、相手が非公開設定の場合は許可が必要です) また、フォローされた場合には通知が送られますが、フォローをし返したり、何かコメントを送るような必要はありません。

フォローの仕方

まずフォローしたいアカウントのプロフィールを開きます。(名前やアカウント名で検索したり、公式ホームページのリンクを開いたりします。)
そしてプロフィール欄にある「フォローする」というボタンをタップします。

プロフィールページのフォローボタンをタップ

これでフォローが完了して、ホームページにツイートが表示されるようになります。

フォローした状態に変化

フォローを解除したい場合は、同じ操作を行えば解除することができます。

  1. フォローしたいアカウントのページを開きます。(リンクや URL https://twiter.com/[アカウント名]にアクセスできます。)
  2. 「フォローする」というボタンがあるので、これをクリック

フォローボタンをクリック

これでフォローが完了して、ホームページにツイートが表示されるようになります。

フォローした状態

なお、「フォローしている」ボタンにマウスをあわせると「フォロー解除」ボタンに変化し、クリックすればフォローを解除できます。この時、フォローを解除したという通知は送られません。

続いて、基本的な使い方 その2 として「いいね」や「リツイート」、「返信」といった、他のアカウントとのコミュニケーションを行なう機能を解説していきます。