ここでは、主に外部サービスなど Twitterのさらなる活用方法、楽しみ方をご紹介します。

Twitter用クライアントソフト

Twitter用クライアントソフトとは Twitter専用に開発されたソフトウェアの事で、Twitterをより活用するための機能が多数盛り込まれており、Twitterの Webサイトよりも便利に使うことができます。 Twitter用クライアントソフトは多数公開されていますが、日本では以下のソフトがよく使われています。

Twit
Windows用クライアント。日本の Twitterクライアントの元祖とも言える存在。(作者:@cheebowさん)
P3(PraPeraPrev)
Javaベースのクライアント。Windows、Mac、Linuxで利用可能(作者:@lynmockさん)
Tween
Windows用(.NETベース)のクライアント。APIを利用しないでタイムラインを取得しているので制限なく使える(作者:@kiri_featherさん)
モバツイッター
携帯電話用クライアント。ケータイで撮った写真を投稿したり、GPSで位置情報を投稿したりと、携帯ならではの機能を備えている。(作者:@fshin2000さん)
TwitterIRCGateway
IRCサーバーとして動作する Twitterクライアント。少々上級者向けですが、自分の好きな IRCクライアントで閲覧することができ、機能も豊富です。

海外ではTweetDeckTwitterriffictwhirlなどが人気です。(Firefoxをご利用の方は、拙作のTwitter Lineもよろしくお願いします;)

このほかにも多数の Twitterクライアントが存在します。詳しくはTwitterまとめ Wikiなどを参考になさってみてください。

↑目次へ

話題、注目の発言をチェックする

ふぁぼったー

Twitterにはお気に入りの発言をマークしておくことができる お気に入り機能がありますが、この お気に入りに登録された発言を収集、リストアップしているサービスが ふぁぼったー です。

ふぁぼったー

Twitterで注目を浴びた発言をチェックすることが出来るほか、ユーザーごとのページも見ることができるので、人気のユーザーをチェックしてフォローの参考にすることもできます。

buzztter

buzztter(バズッター)は、Twitter上で発言された単語を抽出し、発言頻度の高いものをリストアップしたり、HOTキーワードとしてお知らせしてくれるサービスです。

buzztter

例えば地震が発生した直後は「地震」や「震度」といった単語が HOTキーワードとして抽出されたり、 何か話題のネタがあった場合はその話題のキーワードがピックアップされたりして、Twitter上の話題の動向を知ることができます。

↑目次へ

botをフォローして情報収集

(Twitter上での)botとは自動で発言するアカウントのことで、ニュースや速報、またはネタ的なものなど、様々な情報を流す botが存在しています。 これらのアカウントを followすることで、定期的(または速報的)に最新の情報を受け取ることができます。

速報

  • hatebu:はてなブックマークのホットエントリー(50user以上がブックマーク)を流しています。
  • earthquake_jp:気象庁、Hi-net(高感度地震観測網)の地震速報を速報的に流しています
  • p2pquake:こちらはP2P地震情報の速報
  • jihou:毎時 0分に時間をお知らせてくれるアカウントです。
  • twitter:Twitterのブログの更新やメンテナンスなどの公式情報を流す(英語)
  • twitter_status:こちらは障害情報など(英語)

定期更新

  • notasahi:朝日新聞の最新ニュース(旧@asahi)
  • googlenewsjp:Googleニュース版
  • yahooj_topics:Yahoo!ニュースのトピック
  • tokyoforecast:東京の天気
  • omedeto:その日が誕生日のユーザーを紹介します。
  • buzztter:上で紹介している buzztterの集計を 1時間ごとに流しています。

ネタ

  • sudori:いわゆる人口無脳。時々誰かに向けて @で話しかけたりする
  • kyoujin:狂人日記というブログからランダムに抜き出した言葉をつなげて発言。
  • kefir:~?で終わる発言をすると「いいえ、ケフィアです」とひたすら返す。
  • fuba_recorder:余計な機能がたくさんついた録画機。
  • kusobot:fuba_recorderの相棒。

↑目次へ

Twitterから広まった他の Webサービス

Twitter以降も、続々と新たな Webサービスが誕生してきましたが、中でも Twitter がブームの火付け役となって広まっていったサービスがいくつか存在します。ここではその中からいくつかのサービスをご紹介します。

Ustream

https://ustream.tv/

Ustream(ユーストリーム)は手軽に動画のストリーミング配信を行えるサービスです。Webカメラさえあればユーザー登録をしてちょっとした準備を行うだけで、すぐで動画を配信できます。もちろん無料で登録できます。 また動画の配信画面ではチャットが行えるようになっていて、参加者同士のコミュニケーションがとれるようになっているのも特徴です。 米国ではオバマ大統領の演説の模様が Ustream で配信され、話題を呼びました。Twitter上では Ustreamのサービス開始直後から、自宅やオフ会、PCでの作業や DJプレイなどが配信され、手軽なコミュニケーションツールとして親しまれてきました。 最近は以前ほどの盛り上がりはないですが、それでも大規模なオフ会やイベントがあった際に利用されることが多いです。

Tumblr

https://tumblr.com/

Tumblr(タンブラー)はいわば Webのスクラップブックといったサービスで、自分の気に入った写真や動画、ブログの記事などを収集、自分の Tumblr 上にためておくことができます。ReTweet の語源ともいえる ReBlog という行為も、ここから広まっていきました。 また、他のユーザーをフォローすると、Twitterのようにそのユーザーが収集した写真やブログ記事などがホーム(ダッシュボード)上に流れてくるので、そこからさらに自分の Tumblr にリブログするという点も熱狂的なユーザーを生み出している特徴ともいえます。

foursquare

https://foursquare.com/

foursquare は位置情報を記録していくサービスです。iPhone などの GPS機能を持ったスマートフォンなどでお店や駅などで「チェックイン」を行うことでその位置情報が記録され、フレンド登録しているユーザーと共有することができます。 チェックインを行った数や種類に応じてバッジという称号のようなものが集められるほか、お店の情報などをメモして共有する事ができます。

FriendFeed

https://friendfeed.com/

FriendFeedはその名の通り、友達の活動をフィード(RSS)を通じて収集、閲覧できるサービスです。 Twitterに限らず、SNSやブログ、写真、動画共有サイトなど様々なサービスに対応しており、リアルタイムに近い速さで更新情報が配信されます。 また、FriendFeed自体にも情報を発信する機能があり、Twitterのつぶやきのように現在の情報を更新することができるほか、Twitterにも直接投稿することができます。

Travian

https://travian.jp/

Travian(トラビアン)はブラウザーだけで遊べるシュミレーションゲームで、自分の村を育成、兵士を育てて他のユーザーとの戦争を行いながら、最終目標の到達を目指していきます。 現在ではブームは去りましたが、他のユーザーとの同盟が組めることから Twitterユーザーの同盟も作られ、Twitterユーザー同士の協力プレイなどが行われていました。

SPYMASTER

https://playspymaster.com/

SPYMASTER(スパイマスター)はトラビアンと同じくブラウザーだけで遊べるゲームで、プレイヤーはスパイとなってタスクをこなしたり、他のユーザーを暗殺するなどしながらゲームを進めていきます。 自分のフォロワーがゲームに参加するとステータスが強化されたり、暗殺対象も他の Twitterユーザーであったりと、Twitterと密接に連動している点が大きな特徴です。 現時点(2009年6月)では招待制になっており、プレイするには他の Twitterユーザーから招待状を送ってもらう必要があります。

↑目次へ

ビジネスシーンでの活用

ユーザー数が増えるに伴い、Twitterをマーケティングツールとして活用する事例も増えてきました。 たとえば、比較的早い段階から Twitter 上で自社製品のプロモーション活動を行っていた米デルコンピューターが、年間 100万ドルの収益を上げたという実例もあります。(参考記事)

若干独断ではありますが、Twitterにはメールマガジンやブログなどと比較して、以下のような利点があるといえます。

Twitterを利用した場合のメリット

リアルタイムな情報発信
Twitterのつぶやきははすぐに Web 上に投稿され、すぐにフォロワーに伝わります。 Twitterのヘビーユーザーは比較的頻繁にタイムラインをチェックしているので、ブログなどに比べて速やかに情報が伝わる可能性が高いといえます。また、役立つ情報は ReTweet(他のユーザーのつぶやきを改めてつぶやくこと) でさらに多くの人に伝わる可能性もあります。
ターゲットを限定しやすい
Twitterは自分の意思でフォローするかしないかを選ぶことができます。(この点は RSSフィード の購読と同様といえます。)つまり、フォローしているということは、そのアカウント(企業)に何らかの興味を抱いているとみなすことができ、高い精度で興味を持った顧客に直接メッセージを発信することができます。
顧客との対話ができる
返信機能を使うことで、直接他のユーザーからの意見や質問を受け取ったり、それに答えることもできます。場合によっては炎上などにつながるリスクもありますが、直接顧客にアプローチできるのは大きなメリットでもあります。

上で挙げたような特長からか、Twitterの企業アカウントは公式のものであっても口語調でフレンドリーな内容のつぶやきをしているところが多い傾向にあります。

主な日本の企業アカウント

またイベントなどでも専用アカウントを用意して告知や実況中継を行う、といった活用もされています。

↑目次へ